portfolios

Statement

私には戦前の移民政策によって異国へと渡った親族がいた。
彼らはその地でマイノリティーとして生活している。
幼い頃から彼らの話を聞いていた私は、マイノリティーと呼ばれる人々への興味を抱いていた。

以前ドイツに滞在していた頃、身近にいた人物が少数民族であるロマだと後になって知った。
当時の私はロマに関する知識は皆無で、彼らの生活様式はただただ不思議に見えた。

それ以来、彼らが放つ強い個性に惹かれた私は、ロマが多く住んでいるという地域を訪ねた。
そこではロマ以外にも、マイノリティーとして生きている人々に数多く出会った。

彼らの営みに向き合うと、静かでありながらも強く息づくアイデンティティーが垣間見える。
私はそこに強く共感をおぼえた。
また、マイノリティーとして生きている人々は強烈な個性を維持していなければ、その文化を継続することが出来ないのかもしれない。

アイデンティティーとは一体何なのか。
その問いはまるで鏡のように、常に私自身にも返ってくる。

Some of my relatives moved to a foreign country under the immigration policy in the prewar period, and have been living there as ethnic minority. Hearing about their story from childhood, I’ve become intrigued by the issue of ethnic minority.

When I was staying in Germany, the people living close to me turned out to be the Gypsy (Roma).
As I had no knowledge of them, their lifestyle looked very strange to me.
I now know that they had established their own lifestyle as ethnic minority.

That experience made me have a strong interest in Gypsy culture and I was attracted by their strong individuality; I visited Transylvania region Romania located in Eastern Europe.
When I faced their existence, I found that a strong identity existed quietly.
That aroused my great sympathy.
It might be impossible for minorities to maintain their culture without keeping their strong identity.

What is identity? The question always makes me ask myself what kind of individuality I retain.