portfolios

Statement

私が滝を目の前にした時、重力に従って落下してゆく水の姿に目が釘付けになった。
水はうねりながらかたちを変えていき、それはまるで生き物のようである。
決して同じかたちになることのないエネルギーに溢れた水の生命力を目の当たりにし、肉眼では捉えきれない瞬間の水のかたちを、その生命力の一瞬の姿を生け撮るように写真に収めた。

眼前の滝は轟音とともに落下してゆくが、写真の中で生け撮られた滝の、まるで時間を止められたかのような姿からはむしろ静寂を感じる。

I stood before the waterfall, riveted by the sight of the torrent plunging down along with the pull of gravity. The water curled and changed shape, like some living thing. Never the same from one moment to the next, it roiled with energy, and in the face of its dynamism I clicked the shutter as though to seize onto film those instantaneous forms, those bursts of life too quick to catch with the naked eye.

In reality the cascade before me rushed down with a deafening roar, but here, seized in time in these photographs, it seems rather to emanate silence.