portfolios

Statement

日本には現代を生きる侍がいる。

福島県の相馬地方には、1000年以上続くといわれている「相馬野馬追」という伝統的な祭りがある。
500騎を超える騎馬武者の行列や、甲冑を身に纏って行われる甲冑競馬などが行われるこの祭りは、国の重要無形民俗文化財に指定されている。
近代化以前、侍は”侍”という職業であったが、今は皆それぞれが別の職業を持っている。
しかしこの祭りに参加する侍達の中には、昔と変わらない厳しい上下関係や階級制度、総大将を守るという強い意識が根付いている。
彼らの話を聞いていると、私はまるで戦乱の世の侍の話を聞いているかのような感覚に陥る事もあった。
まさに彼らは本物の侍の末裔であり、現代に生きる侍だ。
1000年を超える長い歴史の中、数々の困難に見舞われ祭りが開催されない事も幾度かあったが、彼らは守るべき伝統を守り、時代の変化を受け止め、全てを乗り越えてきた。
彼らの中に生き続ける侍精神は、現代においても侍であり続けるために欠かせないものである。
.
.
.
There are samurai living in modern-day of Japan.

In Soma region, Fukushima, there is a traditional festival called “Somanomaoi”, which has a history of over 1,000 years.
The festival which consists of procession of more than 500 mounted horsemen, Kacchu-keiba (armed horse race) and etc. is designated as Important Intangible Folk Cultural Property.
Although Samurai was an occupation before modernization, each of modern-day samurai has a different job. However, all the samurai who participate in the festival keep the traditional mindset of following the strict seniority and class systems and guarding the feudal lord.
When I heard their stories, I felt as if they were actual samurai of warring state period.
They are the descendant of genuine samurai, who continue to live a life as samurai today.
In the long history of over 1,000 years, there were some years when the festival wasn’t held because of numbers of difficulties, however, they have overcome all the obstacles having kept the traditions and accepted the change of the times.
Their spirit of samurai is essential for them to keep being samurai in modern-day society.